2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
くろックCute DC01
プロフィール

ぼるとの母ちゃん

Author:ぼるとの母ちゃん
もたいまさこ似のおばさん。
捨て犬、捨て猫にチョー弱い。
ハンドメイド好きで、売れたら保護活動費に。
ボラ友のフリマにも出すよ。

banner
Twitter facebook
facebook
うちのこたち
長男 ぢぢ(黒猫:2009.7.23うちの仔記念日)  高校の自転車置き場で保護。生後2週間くらい体重120g。  牙の奇形で捨てられた。 次男 ぼると(黒猫:2010.6.19うちの仔記念日)  わんにゃん組卒業生。  ノラ出身。3ヶ月くらいでここのお家にきたよ。 三男 もずく(限りなく疑わしい狆:2010.5.21誕生日)  飼育放棄。  体重10.5キロ・・・狆!?ですか? 長女 なとる(キジシロ:2011.7.22うちの仔記念日)  うちの前で保護(体重400g生後3週間くらい)  わざと置いてったな~~~ 4男 こじろう(白猫ブルーアイ:2012.7.24うちの仔記念日)  近所の猫屋敷の外猫の子。  猫風邪でぐちゃぐちゃになって、車道の真ん中でへたっていたので保護。  耳が聞こえないけど、超天然系~のKY
ショップ開店
ハンドメイド品を販売しています。 お立ち寄りくださいませ~
里親募集中
最新記事
最新コメント
動物を飼うことを勉強しましょ
ペット探偵「ペットレスキュー」
跡継ぎ参上
死んだハスキージイ様の箱ベッドに
あれ

前にも時々来てたんだよ。
やっぱり貫禄ある顔
iAn9vMtDFAAyEPC1394075316_1394075425.jpg
ひなたぼっこも同じ
r_Vix1mkq6Hj4CD1394075029_1394075110.jpg
キミも住み着くのか?


ちゃとらん や なぽり と喧嘩しないでよ








スポンサーサイト


 
おばちゃん生きてる?
タロは一年前は夕方6:00くらいから夜10:00くらいまでウロウロしてた。
今は早くて7:00から9:00まで
私の帰りの時間帯にあわせてきたかな。
最近は遅刻してくる(笑
でも大抵毎日待ってる。
土曜と日曜の夜は私が出なくなったので、(なんか金妻みたいだ。。。爆)
ごはんはちゃんと食べてるのに、
月曜の朝、畑で待ってる。
朝ご飯はあげないこと知ってるよね。
畑からじっと見送ってくれてる?(考えすぎ~)
それとも、私が生きてるか確認?
夜待ってたときは朝出ていない。
見送ってくれなくていいんだ(だから、違うって!)
裏のご飯を食べてない日がくるまで、
できる限り、ご飯、置いてあげるから、
多分、きっと、私の方がもう少し寿命長いと思うし。
月曜の朝に、確認しに来なくていいよ。






 
食欲
タロは、体が大きいから結構食べるんだ。
彼らの食器は娘たちが小さい頃使っていたセーラームーンの洗面器。
前には平べったい四角い洗面器置いてたら、
そのまま持って行っちゃって、びっくりした。
はじめは、近所の誰かが見つけて、持って行ったのかと思ったけれど、
そんなに早くバレルはずがないよな。
セーラームーンの洗面器は普通の洗面器より小さいけれど、もずくのご飯の2倍は入る。
前の四角いものより少し重いから、運べないでしょ。
それをペロリ。
食べられるときに一気食いするんだろう。
タロとジロが来る時間がまだわからないから、
いつでもどっちでも食べられるように、量を増やそうとして、山盛りになってしまう。
それだけ食べるのに、今までよくがんばったね。

道路では、見つからないように、早く食べられるものをあげてきた。
なので、どうしても少しずつ。
やっと、うちの裏でゆっくり食べられるもんね。。。

タロとジロのごはんは、
昔風の「犬まんま」。
味噌汁のお汁にごはんを入れたおじやとか。
私のお昼の残りのフライ。
夕飯が残ったら、食べられそうなものを。
それにドライフード(ネットで買った期限切れの安いフードや缶詰)を混ぜて。
ドライだけでは、食べない。

わんこ好きの方から見れば
体には悪いと思う。
でも、野良生活で、いろいろなものを食べて、食いつないできたんだから、
食べなれたものから徐々に慣らしていこう。。。ってね。
おなかいっぱい食べて、短くても最後まで空腹で我慢しなくていいように。
もずくが好きな湯がいた丸玉じゃがいもをおすそわけしたりして、
前には、道路では食べきれずに残してたけど(ちゃんとバレないように拾いにいきましたよ)
今は完食してる。

そうそう、
近所の犬飼いさんが、自分家の餌を食べにくるって言ってたけど、そこもおじやなのかな。







ひとこと

タロとジロの記事は私の秘密日記。
常識はずれで、顰蹙をかうような内容なので
非公開にしようかとも思った。

保護したいけど・・・なんとか助けたいけど・・・・
って思ってできない状況のときもあった。
かと言って、私に何ができるわけでも、絶対捕獲するという確固たる意志があるわけでもない。
情けないけど。
しかし・・・・
私は、ついにやってしまいました
公開しました。
いや、後悔するかもしれませんけどね。
私の行動は決して褒められることではないけれど、
健気に、ついてくる彼ら見てたらほっとけなくなっちゃった。
それと、
彼らは多分オス。(タロは確実)
赤ちゃんが生まれたら、これまた問題だろうけど、今生まれる様子はなさそう。
仮に産まれたら、その時はそのときさっ!
母犬はどこかに行っちゃったのか、死んだのか。

タロは1メートルくらいは近づけるようになった。
それでもこちらが少し動くと身を翻す。
もし町内で捕獲の話が出たら、反対せずに、OKするつもり。
勿論、保健所に引き渡すのではなく、私一人では捕獲できないから。
大口たたいても、私ひとりで何もできない。
あのやさしい2匹に
第二の犬生を探してやりたいなってね。
それまでは、わちきがこっそり頑張る。
Hおばさんもきっと、そう思ってる。
畑のおばさんも。
(畑のおばさんのところも小さなお椀が置いてあった。朝食べてたよ)
誰も何も言わないんだけどね。(当たり前だわな~~
いざって時はあの2軒も助けてくれるかな。









 
ジロの性格
ジロ


豆柴より少し大きいくらい、少し長毛。タロより少し黒っぽい。
特に顔、頭が真正面から見るとライオンみたい。
超びびりだった。。。(過去形)
過去形は私たちに対してだけ(多分ね)


ばあ様の家から自宅までの100メートルほどをタロとジロはそれぞれテリトリーを決めているらしい。
ばあ様~畑  タロ
畑~自宅   ジロ
2匹が出ているときはこれを越えることはほとんどない。

タロは比較的積極的について来るのに、ジロはしばらく動かない。
なので、ヒトが来てご飯があげられないことがしばしば。
歯がゆい。

先月、
タロがいつものテリトリーからジロの方に進入してきた。
ヒトもいなかったので、適当な場所に餌を置く。
すかさずタロが近ずく。
で、座った!
徐にジロがその餌に近づいて、食べる。
それを見てタロは自分のテリトリーに戻る。
タロにも十分あげたわけではなかったのに。

その次から、
ジロが積極的に出てくるようになった。
タロが教えたんだと思ってる(考えすぎかな)。
コレ(私のこと)は安全だよ。。。
私も、できるだけ服(古いベンチコート)を決めて彼らが戸惑わないようにして。
ヒトが通ると サササッと1人と2匹は知らん顔。


ジロは今では自宅前まで付いてくる。
タイミングよければ、駐車場で食べたあと、
多分自宅裏のご飯食べてるんだろうと思うけど、
裏に来たジロの姿はまだ未確認。
早く家に入って静かにしておかないと、上がってこないから。


ジロはタロに比べて待ってる日が少ない。
どこか他でも食べてるんだろうか。
それならいいんだけど。

それから、ジロは食べるのが遅い。
もしかして、年なのか?













 
タロの性格
タロ

ラブくらいの大きさで慎重派、根気強い。

タロは毎日毎日、ほとんど毎日、雨の日も、待ち続ける。
町内のコミュニティハウスに誰かがいるときとか、
子ども会の夜回りとか(惰性で歩くだけで意味ないのだから、やめればいいのに。。。)
少し騒がしいときは姿を見せない。
そういう時は、
翌朝、(休憩の)畑で待ってる。
お腹すいてるんだろうな。。。とは思うけど、
私はあげない。
たまに、Hおばちゃんが散歩みたいにして現れるので、彼女について行ってる。
おばちゃんが来ないときでも、私はあげない。
明るいときは、要注意なのでね。
誰かに見られたらアウトだから。
あげない私も辛いよ。
でも、彼に学習させるため。

色々、試行錯誤で1年。
去年の夏は夜、人がウロウロしてるので、本当に困った。
冬でも犬の散歩に出くわしたり。
人だけなら、スルーできるけど、
餌を置いたら、その飼い犬が反応してはマズイ。
お休みの日も夜9時前後にもずくの散歩に行くフリしてご飯を持って行ってた。

少しずつ、少しずつ、家に近づきながら、
父ちゃんの車がないときには駐車場でたっぷり。
それでも人が通る可能性がある。
子供が、「あ!山犬がおるで~!」とか叫んだ時もあり、心臓バクバク。
「クソガキ!夜、出歩くな~!!」と心の中で怒る。

やっと今、
お休みの日はわざわざ出かけなくても、裏にご飯を置いてたら食べるようになった。
この間、たまたまもずくを庭で遊ばせてたら、
もずくでは越えられないフェンスをタロは軽々とまたいで入ってくるところに出くわした。
私も、びっくりだけど、
タロもだるまさん状態で、ストップ。
おっと、
もずくに気づかれないように即家へ。

うんうん・・・とりあえずOK






 
お気に入り
お買い物はこちらで
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR