2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
くろックCute DC01
プロフィール

ぼるとの母ちゃん

Author:ぼるとの母ちゃん
もたいまさこ似のおばさん。
捨て犬、捨て猫にチョー弱い。
ハンドメイド好きで、売れたら保護活動費に。
ボラ友のフリマにも出すよ。

banner
Twitter facebook
facebook
うちのこたち
長男 ぢぢ(黒猫:2009.7.23うちの仔記念日)  高校の自転車置き場で保護。生後2週間くらい体重120g。  牙の奇形で捨てられた。 次男 ぼると(黒猫:2010.6.19うちの仔記念日)  わんにゃん組卒業生。  ノラ出身。3ヶ月くらいでここのお家にきたよ。 三男 もずく(限りなく疑わしい狆:2010.5.21誕生日)  飼育放棄。  体重10.5キロ・・・狆!?ですか? 長女 なとる(キジシロ:2011.7.22うちの仔記念日)  うちの前で保護(体重400g生後3週間くらい)  わざと置いてったな~~~ 4男 こじろう(白猫ブルーアイ:2012.7.24うちの仔記念日)  近所の猫屋敷の外猫の子。  猫風邪でぐちゃぐちゃになって、車道の真ん中でへたっていたので保護。  耳が聞こえないけど、超天然系~のKY
ショップ開店
ハンドメイド品を販売しています。 お立ち寄りくださいませ~
里親募集中
最新記事
最新コメント
動物を飼うことを勉強しましょ
ペット探偵「ペットレスキュー」
腫瘍 パステル
一ヶ月ほど前にアップした写真ですが、
拡大してみました。

はじめ、犬に噛まれたのかと思ってましたが、
aviary-image-1457359727164.jpeg
最近とくに足のふとももが瘤のようになり
まさに石榴(ざくろ)状態
おととい、朝ケンカしたのか庭の石には血だまりがあったし
庭の外猫ハウスに篭っていたので
もしかしたら・・・
と思ってすぐ入り口にふたをして
獣医さんにつれていきました。

「腫瘍」

え、え、えっ~~~
噛まれたにしては治癒が遅いと思ってた。

実は、ワタシは「安楽死」を考慮に入れてました。
ハウスにふたをしたときも無反応だったので。

ところが、獣医さんのところでふたを開けたら、
およよ・・・逃げる体制でこっち見てた。。。

獣医さん
「朝何か食べました?」
「かつお(棒)を食べました・」
「あ、食べたんですか・・・
なら治療の方向はありませんか?」
「え!?足をカットしたらもう外では暮らせませんよね。うちは今保護がいっぱいで・・」

え~~どうしよう。この状態じゃ絶対手術だよな。
あ・・・・・・どうする・・・・

「食べる意欲があるなら安楽死はありません。
 手術せず、薬でやってみましょう」
「抗がん剤使いますか?」
「いえ、強い薬は使わず、ステロイドで少し小さくなると思います」
「そうですか・・・
でも野良だし、管理しなきゃ・・・」
「じゃ、お庭に小屋作ってください」

・・・・・・

「小屋~~~~~!?」


いとも簡単におっしゃるセンセ。


続きは次の記事で・・・







ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
















スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

お気に入り
お買い物はこちらで
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR