Article

        

猫の知覚過敏症

2017/ 08/ 30
                 
こじろう のおっさん座り
これは普通のグルーミング(だと思う・・・)
koji02
必死ですけど。
koji01

こじろう は時々 発作をおこす。
ちっこハイ とかうんぴハイの延長のような もっとはげしく走り回り
忽然といなくなり 探すと とんでもない下駄箱の下の狭い隙間にいたり。

あるブログを見て

こじろう と同じやん!の猫ちゃんがいて
その子が 知覚過敏症

常同障害のひとつらしい

重症の子もいれば普通とかわらないけど・・・ぐらいの子も
こじろうは1歳くらいのとき発作がおきて
びっくりして獣医さんに相談したら アロマを紹介された
ほぼ一日で症状が消えたので
その後様子をみながら
発作がおきたら そのアロマをスプレーする  くらい。

はじめのきっかけは首輪の交換
それまで ちゃんとしていたのに
汚くなった首輪を新しくしようとして 入れたとたん
右往左往して ほれ例の下駄箱に逃げ込んだ。
なので 今は首輪なし。

次はノミ取りスポット。
スプレーも同じ スポットより少し反応薄

でもスポットはしないわけにはいかないので
他の子より期間を長めにとって 走ってもらっている。


こじろう はいろいろな病気を持ってると思う。
今は腫れはないけど すごい口内炎(獣医さんが言った)
確かにお口臭いです。

保護したのは 車道の真ん中でごろごろしていたので見るに見かねて。
で、しばらくして 耳が聞こえないことが判明
だから平気で車道に出てたんだね。

いずれ 持病オンパレード発症になるだろうけど。。
気楽にいこうや。




怖いけど
平和な寝姿

願わくば
ぼると にちょっかい出さないでくれ。。。



スポンサーサイト
                         
                                  

コメント