Article

        

ヒトもいろいろ

2017/ 09/ 06
                 
きなこ 
里親さまから今も月一届くおたより
里親様ともお付き合いが続くってうれしいですね。
保護してよかったと感じる。

うちの家庭内野良 ゆず
通りすがりにちょっと触ると
「何すんねん!おばサン」って顔されます。。。泣
yuzu1.jpg



昨日 ボラ仲間A女史より連絡ありまして

不愉快極まりないけど、助けたい親子猫がいるの。
協力して。。。。もちろん断る理由もないので



記憶のままに書きます。後に修正あるかもですが、
おおむね差異はないと思います。なんせボケばあさんなので・・・

簡単にいきさつだけ

狭いアパート キッチンと2部屋に親子4人が暮らすお家
(お部屋が狭いとか言ってるのではありません。それなりに飼い方さえちゃんとしていればOKです)
父親が知人から猫をもらいうけ
メスなのに避妊もせずトイレも家に置いてない様子で外に出し妊娠
子猫5週ほど4匹(たぶん。。)と母猫を 深山に捨てた・・・と
それに気づいた娘15歳が母親に連絡し、
親子猫を探し 運よく見つけ連れ帰った

で、たまたまのご縁でA女史の携帯に夜中11時すぎ 電話あり
里親さがしてほしい と。


A女史 怒り心頭

まず夜中の電話 非常識
子供ですから仕方ないとしても その後親から正式に連絡なく
業を煮やしたA女史動きます。
娘と連絡してアパートまで行き 猫の状態を見て

あ。唖然。。。。

ベッドもなくトイレもなく外に行くための小さな穴が ガラスが割れた窓の穴 とても危険です。
さらに ずっと食べていた母猫の餌は 安いからと言って買った 激安のドッグフード

動物愛まっしぐらのA女史 怒り収まらず 

とりあえずA女史の家もMaxなので預かりさんをお願いし、
うちはあとのサポート お手伝いということで。


娘さん、15歳で定時制高校行ってアルバイト。金髪 なんだそうです。
まじめなA女史は 考えられない!と。

でも、
父親よりよほどマシだと思うんです。

まだ自分では深山に迎えにいけなかったから
母親に頼み
深夜電話するという非常識な行動も 猫を助けたい一心 だったと思えば

かわいい・・・・


このばばあが思うのは
親を選べないとしても
この娘さん
少なからず 親子猫を救う やさしい心を持ってるのだから
少しでも 前向きに進んでほしい。

今回は 褒めてあげたい


と思うのです。

サイテーの親の代わりに




スポンサーサイト
                         
                                  

コメント