Article

        

久々の地元TNR

2017/ 09/ 10
                 
数日前から見かけていた新参猫
夜ばかり見てたので
昼 見かけて「サビ!?」
なので緊急捕獲 のつもりで
速攻 お世話になってる先生に
「至急 女の子の手術予定お願いします!」と連絡入れ
土曜日に予定入れていただいたものの・・・

1回目捕獲失敗
餌だけまんまと盗られました。

敗因
ほぼ2年ぶりに使ってオイルが切れてた?
(おいおい。。。まさか。。。
トリガーの歪み と 当時の雨でナイロンカバーをかけていたんですが、
しっとりとした重みがトリガーを押さえた状態になり
歪みと相まって 蓋が落ちなかった。

写真ではわからないくらいわずかなんだけど
hokakuki1.jpg
もうね。
おばさんありったけの力かけて直しました。

で、翌日
無事捕獲

ところがだ・・・
女のこ と思っていたのが、、、
どうも・・・・・・お。男の子かも。。。。?

ほら見て背中
hokakuki2.jpg
少し茶色が濃いでしょ。
hokakuki3.jpg

みごと おばちゃん 騙されましたわ。。。

もちろん、ちゃんと去勢してもらいました。


病院に連れて行ったとき
センセイに もしかしたら男の子かも。。
って言ったら、
センセイ診察台に乗せたケージをずらして
下の隙間から 股間をぷにぷに。。。

あ、男の子ですね。。。
って

いいもん見せていただきました。。。違う。。。。



捕獲機は
ずっと使っていたフック式
今は 踏み板式を使うほうが怪我しないから・・って
折りたたみ持ってたのよ。
(市販品だけど)
hokakuki4.jpg
でも、これも餌だけ盗られたの。
敗因は→のところ
トリガーのフック部分が接触してて滑らなかった
hokakuki5.jpg
原因
折りたたみってビミョウにぐらぐらしてるの。
で、完ぺき主義のおばさん(うそです)
ところどころ、結束バンドで締めあげたわけ。
hokakuki6.jpg
そしたら、しっかりしたのはいいけど、
ビミョウなぐらぐらでトリガー部分にゆとりがあったのが
ゆとりなくてガッチガチ。。。


私の人生と同じよ。。。。



実は
手作り捕獲機を予定しておりまして
hokakuki.jpg
準備は着々。。。といいたいところだけども。

でも今回の失敗も
使いなれた一号機も
それぞれの利点を考えてアイデア沸いた!

な~んてね。



長くなりますけど。。。
おばちゃんのつまらない想いをかきましたので
お暇があれば つづき。。。読んで
            

なんだか下世話では

猫のTNRは無駄だ、
野良猫はマダニによる感染の原因

という族がいるようで。。。


TNRは無駄ではありません。
最初の一歩は大変でした。
地域住民の理解もないし。
でも手ごたえはありました。
なんでも完璧はありません。
なぜなら、のような族が先導し、無知な一般市民を巻き込むこと。
さらに 餌やりさんは 餌だけやって無責任であること。
の方々も無責任がヒトの顔してるだけだと思いますけど。。。


マダニは野良猫だけに付くのではありません!
これって厚生省のHPの表記が悪いんですよね。
(書いた人間 きっと ゆとり世代 の国語力ない20代だよ。)
散歩中の犬にも付きます。
飼い犬に付いても感染しないのかしら?

医学知識のあるヒトがそう信じているのかしら?



しばらく前に久しぶりにご帰還になった外猫白ジーが背中に大きな マダニ くっつけてたから
指で弾き飛ばしてやった。
飛んだ先にはもちろん殺虫スプレー ぶちかます。

白ジーは噛むことはないし爪も立てない。
家の猫のほうが危険だわ。。。

野良猫のTNRのとき素手で触ることはほぼないし、
私はかつて 噛まれたことはあるけど まあ、それは自業自得なので
TNRするボラさんはちゃんと普通に心得てる。

一般市民がもし噛まれるとしたら
それは 猫を脅かすからでしょ。



野良猫排除だとか言ってる族のほうがよほど人間に対して有害。
だって彼らは 野良猫虐待して喜んでるやつらですよ。
いずれは人間を殺す練習台、
もしくは己のふがいない人生の不満を猫を殺すことで憂さ晴らししてるやつですよ。

一般市民、応用力のない科学者は
自分に理解できないことは先導者に従ってしまう。

アノ国の国民と同じですよ。
でも国民は栄養失調、つぶれた家に住んで
それでも表には出てこない。

そういう知識もないんですよね。。。


高学歴であっても
常識のない
理解力、応用力もなく
広い視野をもつための知識は勉強してなかったんでしょうね。

知識 を持ってるものが
すべて
教養があるとは限らない

人間って あさましい。。。



 

スポンサーサイト

            
                                  

コメント