Article

        

最初で最後の100点満点

2018/ 03/ 05
                 
いろいろ何かとやらかしてくれる長女ですが、
褒めることなのか
笑うことなのか。。。

高校1年のときの最初の体育の授業のとき
いきなり横一列に並ばされて ラジオ体操をやらされたそうで、
音楽にあわせて やるだけなんですけどね。

うちの娘
なぜかノッテ自分でも(やったぜ!)というくらい完璧にやりあげたらしい。

それで、200人ほどいる同級生のなかでたった一人
「○○さん、100点満点!」
て呼ばれたって。。。これまた昨日はじめて聞いた話なんですわ。

なぜそんなラジオ体操ごときに本気出したかというと、
私、むすめたちの運動会
仕事が都合つく限り、出張って録画するんです。
で、中3(小6かもしれない)のときの応援合戦だったかのソーラン節の踊りが
メチャクソ脱力踊りで・・・みんなそうだったんです。反抗期だったしね。
それを観て、なんかもったいないし、恥ずかしいかも。
同じ恥ずかしいなら キレッキレで踊ればよかった。。。と思ったそうで。

で、なぜか高校1年で やっちまった というわけらしい。
横一列だから カンニングできないし
別に前まっすぐみてればいいから恥ずかしいとかあまり感じなかったってことで。

娘の学校(一応進学校なのですよ)の同級生はお勉強ばかりしているので
ラジオ体操完璧に覚えてるわけがない。。。

なので 通知表
唯一そのときの体育だけは5(5段階評価)
ま、自慢?できるところ ソコだけ


ちなみにラジオ体操はこれね
ラジオ体操



スポンサーサイト
                         
                                  

コメント