Article

        

野良犬、タロとジロ②

2012/ 03/ 09
                 
タロとジロ

性格は当然どちらもビビリ。
それでも、体の大きいタロは一定の距離を保って、ジッとこちらを観察する。
ジロは、少しでもこちらが動くと逃げ去ってしまう。
タロは頭が良いと思う。
私も、少しでもヒトの足音が聞こえると、サッと態度を変える(ドロボウか・・)ので、
それを察してタロも隠れる。
様子を伺いながら、同じ道をくるくる・・くるくる・・・ご飯が上げられるまで繰り返し。
宇宙から見ると、
何やっとんじゃあの1匹と一人。。。かな。

もずくの散歩にみせかけるときも。
最初はもずくも「ばふっ」
とか言ってたけど、ケリいれたら言わなくなった。
(虐待じゃないよ。しつけるときは、痛くない程度にケリいれる・・・ケリいれるって言葉が悪いよね
もずくは喧嘩をしかけないってことがお互いわかるから、
私たちの後を付いてくる。
適当な場所に餌、投下。

冬の方が、あげやすいね。
ヒトがいないから。
夏は夕涼みで風呂上りに出てるからちょっと面倒。
(中に入りやがれ!)
この冬は、夏にごはんがあげられやすいように、少しずつ、家のほうに誘導。
時間もできるだけ一定にして。
タロちゃんも、私の車の有無、主人の車の有無、結構覚えてきた!?


近所のHおばさんは
私のことは知らないと思う。
朝よく見かけるんだけど、
タロちゃん付いていってるし、
おばさんは、私を見ると、知らん顔で行ってしまうし。
思わず、大丈夫よって言ってあげたいけど、
もし違ってたら・・・・ううん、間違いないとは思う。
このおばさんもご近所では小難しい、かわいげのないおばさんで通ってるんだ。
でも、うちの猫たちを運んでるとき声を掛けてくれたおばさんは、
へ~、こんなかわいい言葉でしゃべるんだ・・・って
人間に対しては結構厳しいこと言うけどね。。。

朝はおばさん。
夜はうち
(休憩、畑)
で使い分けてるタロちゃん


気長にいこうぜ





スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

後悔先に立たず
地域猫が存在するなら、地域犬が存在しても良いと思う。この考えは、間違っているかも知れないけど、でもいつまでも忘れられない犬が居て・・・。
夏の早朝、ひめの散歩をしているといつも出会う白い犬。井原も結構野良犬の存在が多い。
寄れば逃げるし、捕まえることはとうてい無理。道路を走り渡って危なかった。でも、若いし大丈夫と思っていた。でも、ある日轢かれた猫の死体を食べようとしたのだろう、猫の側で轢かれて死んでしまっていた。
いくら泣いても、あの犬はもう生き返らない。お腹がすいていたんだね。最近は、無造作に轢かれる動物が多すぎる。お腹をすかせていると周囲の状況も見えない。
タロとジロは、大丈夫そうだな。世の中には、良い悪いで割り切れないこと多いな。引き逃げているやつは、悪いとも思ってないんだろうし(怒)
Re: 後悔先に立たず
> ひめままさん

私も後悔ばかりです。
どこの保護ボラさんもできること、できないこと、できなかったときの悔しさがありますよね。
まして、保護の仕方を知らない素人にできることってたかが知れてる。
それでも相当の度胸と覚悟が必要です。
本来ノラちゃんは、3年も居つくことはないんです。いつのまにか姿を消しちゃって。
タロは2mくらいまで接近できるようになりました。でも足は「あっち」向きですけど(笑)
今はいつもの時間に行けないとき、家の裏においたご飯いつの間にか食べにきてます。
No title
いつもお世話になります。
ぼるとの母ちゃんさん大好きよ!

野犬・・近所では見かけなくなってるけどいるんだね。
対処しようにもなかなか個人では限界もあるし
ぼるとの母ちゃんさんのくれるご飯が命を繋いでくれ
彼らには今の生活がいいと思います。
(繋がれるよりは)
私も同じ行動を外猫にしてるので思わずニッコリしてしまいました^^
Re: No title
> 牡丹君のママ さん

野犬はまだあちこちにいます。
娘たちはバスで帰るのですが、郡あたりにきれいな白い2匹がいるそう。

うちの地域の住民も、ごみを荒されることがなくなったこと気づいているひとがいるんでしょうか?
うちはもう、生ごみをバケツに入れておかなくても破られません。
ごはんを置くすぐそばに置いてますが。
ちいさなことですけどね。。。