Article

        

猫缶

2012/ 10/ 15
                 
今日は町内ごみ、缶のごみ捨ての日。
資源ごみなので、どんな缶もきれいに洗ってあれば、
捨てられる。

うちの缶の量はハンパない。
家猫は缶を食べるのは こじろうだけ。
もずくも小さな缶をおやつに食べる程度。
しかし、外猫は、カリカリだけではなかなか食いつかないので、
最初は缶のみ。仔猫が5匹、ほかにオトナが4~5匹来るので、
缶だけなら、一日5缶。それにカリカリを混ぜるから量が増えるケド。

結果、毎月1回のみの缶捨ての日は45Lバケツ2杯半の空き缶。
持っていくのも恥ずかしいよな。。。
冬は缶詰も冷たくなってしまうから、そろそろカリカリを増やしていこう。
経済的にもそのほうがいい

同じ時間、うちの前の家のおじさんも缶捨てにきていたが、
うちの量を見てちょっと笑ったかに見えた。
でも何も言わずにいてくれた。




町内の看板
「野良猫にえさをやらないで」
が新しく張り替えられていた。
○野市環境衛生とか書いてたけど。
えさやらずにいて、どうなるの?
自然に減るの?
どこかに逃げていくとでも思ってるの?

ばっかちん





責任を持って餌をやりましょう」

ノラに餌を一度でもやればその猫はあなたの飼い猫です。
飼い猫には飼い主の責任がかかります。
外で飼うなら、必ず避妊、虚勢をしてください。
そうでなければ、家の中に入れてください。

オバカな餌やりさんに理解できるよう説明書きを加えてね。






スポンサーサイト
                         
                                  

コメント