Article

        

拡散希望・緊急 ボクサー6ヶ月子犬、倉敷保健所

2012/ 12/ 13
                 
【拡散希望】【緊急】 コピー転載しました。

2012121213210000.jpg


年の瀬にまた、1つ

まだ幼さないボクサーが

人間側の都合により保健所に持ち込みされました。

生後6か月のナチュラルボディー
(断尾、断耳)なし

現在、柴犬ほどの大きさの彼女です。






まだ、幼く自分の身になにが起こったのか

理解できていません。





しょげ返っています。

甘えん坊です。





倉敷市保健所条件を満たす

終身飼養可能な方

大募集です。


避妊手術可能なかた

毎年の狂犬病ワクチン

混合ワクチン

4~12月までのフィラリア予防薬投与

番犬ではなく家族として迎えていただける

家族全員の理解ある方

他府県でも熱意が伝われば可能です。


よろしくお願いします。


*この子の過去の飼い主の批判は、ご遠慮ください。




::::::::::::::::::



腰が曲がっているような体型ですが、写真では自然な姿勢になってくれ
なかったため、曲がり方が少しひどく写っています。

●犬の情報
 雑種(血統書なしの為)メス、6か月齢。
 現在、柴犬くらいの大きさ。
 なつっこいが飛びかかってくることはなく、他の犬に対して特に吠える様子は
なく、散歩は率先して歩かない様子。

 
*****************************************
〒710-0834 倉敷市笹沖170
倉敷市保健所 生活衛生課
動物管理係 
tel: 086-434-9829 fax: 086-434-9833
e-mail: pubhlt@city.kurashiki.okayama.jp
*****************************************



批判することは簡単です。
助けることは大変です。
でも、その大変なことをするのは
人間の義務。
人間は、多くの生き物の命をもらってしか生きられない。
なのに、どんだけ驕れば気が済むのか。。。








スポンサーサイト
                         
                                  

コメント