2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
くろックCute DC01
プロフィール

ぼるとの母ちゃん

Author:ぼるとの母ちゃん
もたいまさこ似のおばさん。
捨て犬、捨て猫にチョー弱い。
ハンドメイド好きで、売れたら保護活動費に。
ボラ友のフリマにも出すよ。

banner
Twitter facebook
facebook
うちのこたち
長男 ぢぢ(黒猫:2009.7.23うちの仔記念日)  高校の自転車置き場で保護。生後2週間くらい体重120g。  牙の奇形で捨てられた。 次男 ぼると(黒猫:2010.6.19うちの仔記念日)  わんにゃん組卒業生。  ノラ出身。3ヶ月くらいでここのお家にきたよ。 三男 もずく(限りなく疑わしい狆:2010.5.21誕生日)  飼育放棄。  体重10.5キロ・・・狆!?ですか? 長女 なとる(キジシロ:2011.7.22うちの仔記念日)  うちの前で保護(体重400g生後3週間くらい)  わざと置いてったな~~~ 4男 こじろう(白猫ブルーアイ:2012.7.24うちの仔記念日)  近所の猫屋敷の外猫の子。  猫風邪でぐちゃぐちゃになって、車道の真ん中でへたっていたので保護。  耳が聞こえないけど、超天然系~のKY
ショップ開店
ハンドメイド品を販売しています。 お立ち寄りくださいませ~
里親募集中
最新記事
最新コメント
動物を飼うことを勉強しましょ
ペット探偵「ペットレスキュー」
ぐちぐちぐちぐち・・・・・




先週の台風でかなりあちこちが破壊されて
修理・・修理・・修理・・・
ワタシのアタマも修理・・・・・できるものなら


と、それはさておき。
今日、仕事場のお店のある地域の町内会長さんがひとりでおいでになり

「いつも町内の運動会のご寄付いただきありがとうございます。
本来は役員といっしょにお伺いするのですが、ワタシが仕事をしているため
同行できませんので本日は私一人で先にご挨拶させていただきます。
お忙しいところお時間さいていただきありがとうございました。」
という内容でした。
そしてお帰りのとき
戸口でまた一礼。
仕事のデキル人
という印象!

ワタシより少し年上でしょうか(ワタシ若いつもりだし!)

もうひとつ
ある地域の町内役員、副会長のおっさん
そう、言わずもがな、うちの町内だ!
先日の役員会。
いつもうちのオヤジに出席してもらってる。
うちの主人に
「おめ~、盆踊りの太鼓たたけや。」
「え、なんで、」
「おめーんとこ何もせんがな。皆よーるで(皆言ってるよ)」
小学生か!
うちのオヤジ、ぐっとこらえました。
一応相手は年上。
先の仕事場の町内会長とさほど変わらない年
いえ、うちの町内役員のほうが、年上かも。

町内役員、元市役所勤務です。

同じ役員。

勿論、同じ役員どうしに対する態度、寄付をお願いする態度
立場は違っても、態度、しぐさにその人となりは出てきます。


こらえたウチのオヤジ。
役員会のあとしばらく黙っていました。
数日たって
「わし、もうイベント出んわ」
お。お。おまえも小学生か。。。

しかし、気持ちはわかる。
拗ねてるんじゃなくて
理不尽に偉そうに命令されて、だれがするか!って
ワタシが役員会に出たくなくて行ってもらってたし、
これからあと半年、仕方ないね。

いちおう、うちの町内会長に
「うちの主人はこれからイベントに出ませんので。」
という旨を伝えると、
「いやそういうわけには。。。みな年寄りで痛いのこらえて出とるし。」
「うちも仕事の合間出てますし、うちの主人ひとりに攻撃でしょ?
皆の前でおおっぴらに、卑怯じゃありませんか?」
「いや、それは個人どうしの問題で。。。」
「はあ~~~?」
個人同士の問題にされちまったよ。

堂々巡りで話にならないので、
「一応主人の意向はお伝えします」
で電話ぶった切った。
(ぶった切るなんてここに書くだけですよ、勿論。ワタシは丁寧にご挨拶しましたよ)

ワタシも出たくない。
でもココで引き下がったら向こうに言われっぱなしで終わる。

同じ土俵で喧嘩はしない。
アホらしくて、エネルギーのムダ。
いつもこっちから挨拶しても無視(これはずっと)

もう、ガキのいじめだよ。コレ。
いい年したおっさんが。


ふふん。
なめんなよ。
ムリして出る必要はないけど、できるかぎり出席してやる。
主人が
「アレは女でも容赦なく言うで」
というので
「我慢できなかったら、気分悪いので帰りますって帰るわ」

過去に仕事場で同じような理不尽な扱いを受けたことがある。
そこに7年がんばった。
辞めるとき、「やりきった」感があった。
仕事のノウハウをすべて吸収したから。
途中でやめていたら今の知識はなかったから。


「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
稲の穂は身が入るほど垂れ下がっていくことから、中身が充実した人ほど謙虚であるという例え。

先日ツイッターでフォローしている方が書いてた言葉
とても身に沁みる












スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

お気に入り
お買い物はこちらで
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR